CloudReady @ VAIO S11のススメ

初心者でも比較的簡単に疑似Chromebookを作ることができる「CloudReady」。
ちょっと前にインストールした記事を書きましたが、かなりおすすめの環境になるので改めて良い点、悪い点を書いておきたいと思います。

インストールした端末はVAIO株式会社製VAIO S11 2016年モデルとなります。
スペックは以前も書きましたがCeleron Dual-Core 3955U、メモリ4GB、SSD 128GBです。

■良い点
・動作が快適
低スペック機にもかかわらず、非常にサクサク動いてくれます。
起動時間は20〜30秒くらいですかね。
体感的にはあっという間です。
メモリも使用率60%くらいなので、1.5GBくらいは空きがあります。
カツカツではないので動作にも余裕が持てるという事なんでしょうね。
動きもCeleronとは思えないくらいサクサクです。

・LTEが使える
これはWWANモデルならではの利便性でしょうか。
Wi-Fiがない場所であってもいつでもインターネットに接続して動かすことが可能です。

・Bluetoothが使える
マウスとかを接続するのに便利です。

・SDカードスロットが使える
今この記事もVAIO S11で書いていますが、上の写真とかを取り込む時に内蔵SDカードスロットが活躍してくれました。

・キーボードバックライトがある
文字入力をする時に暗い場所でも活躍してくれます。
地味に便利。

・携行性抜群
11.6型のモデルなので持ち運びも楽々。
ちょっとしたお出かけに持っていけるのでなかなか良いです。

■悪い点
・タッチパネルが無い
まぁ、普通のノートとして使う分には不便さは感じませんが……。
あれば完璧でしたね。

・Android アプリが動かない
これはGoogle謹製のChromebookではないからなんですけど、Google Playストアがありません。
基本的にはChromeブラウザで何かを作業することになると思います。

・USB-PDに対応していない
これが惜しい。
USB-C端子はあるものの、充電機能に対応していないんですよね。
まぁ、本体バッテリーが結構もってくれるのでそれ程辛くはないですが……。

以上なりますかね。
ぶっちゃけ良い点がありすぎて最強のモバイル端末になっています。
メモリ4GBのモデルならヤフオクで4万円前後で買えますので、マジでオススメですよ。
安いChromebookには無いLTE通信もできますし、こういう文章書きの用途やネットサーフィン辺りをする分には快適の一言に尽きます。
普段人に物を勧めることってあまり無いんですが、これは是非とも普及させたいです。

格安のChromebookにはない快適さがここにはあります。
モバイル環境におすすめのVAIO S11 model:2016、いかがでしょうか。

投稿者: ごましお

ごましおです。 静岡に住んでます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です