速度低下

ことの発端は「自室PCのLANが不安定になった」こと。
LANケーブルの抜き差しをすると直るんですが、デスクトップ機でありいちいち机の下に潜り込んでケーブルを手探りで抜き差しするのは非常に面倒です。
そんな訳で新しいケーブルを調達して差し替えたところ、不安定さが嘘のように無くなりましてね。
(`・ω・´) ケーブルの劣化という事で片付きました。

……というトコロまでは良かったんですが。

変えた環境でスピードテストをしたら、今度はなんか速度が100Mbpsで頭打ちになっている現象に見舞われてしまいまして。
ケーブルが粗悪品だったか……?と思い別の端末でも試してみたら同じ結果になる始末。

うちの環境ってこういう風になっているんですが……。
LAN接続図
どうやら2Fのアクセスポイントに接続したものだけがこの速度低下の影響を受けているみたいなんですよね。
1FのPCとかだと普通に数百Mbps出ますし。
アクセスポイントが悪いのかというとそうでもなく、PCとサーバ間の速度を計測してみるとこちらはこちらでちゃんと数百Mbps出ている感じです。
どこかのケーブルが劣化しているってことなんでしょうかね。

という事で。
敷設から10年くらい経ちますし、ケーブルやHUB等のリプレースを行っていくことにしました。
Wi-Fiのアクセスポイントだけはつい最近11ax対応品に置き換えたばかりなのでそれ以外のネットワーク機器を半月くらいかけてガンガン置き換えていこうと思います。
ついでなのでどのケーブルがどこに繋がっているかをわかるようにタグとかも付けようかな。
予算の都合もあるので一気には出来ませんが、速度が改善するように試行錯誤していきたいですね。

投稿者: ごましお

ごましおです。 静岡に住んでます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です