GPD WIN 3

中国メーカー?台湾メーカー?
その辺りはちょっと詳しくないんですが、その辺のメーカーが出している小型ゲーミングPC、GPD WIN 3を手に入れました。
原資はVAIO SX 14を手放して確保してます。
モデルチェンジ時期でしたが意外と高く売れたので、最近興味を持ったこのGPD WIN 3を買ってみた次第です。
ニンテンドースイッチみたいな形状でゲームに特化したデザインです。

モデル的にはCore i5とCore i7の2種類があるんですけど、このモデルは下位のCore i5 1135G7搭載モデルです。
単純に値段の安さというのもあるんですが、こういう小型PCはバッテリーも限られてますからね。
下手に高機能な方にしてバッテリの食いっぷりが大きくなると遊べる時間が減ってしまうので敢えて下位モデルにした感じです。
外部GPUは搭載しておらず、CPU内蔵グラフィックなんですけど……。
最近のIntel製内臓グラフィックはそこそこ快適らしいのでちょっと期待ですね。
(まだ色々と設定中でゲームの動作は試せていません。)

ゲーミングノートは別途持ってますが、これはもっとフランクに遊ぶ用に使いたいですね。
(`・ω・´) ポーチも付いていたので持ち運びも出来そうだし。
アイマスが40FPS程度でてくれればとりあえずは万々歳、かな。

※追記
設定が終わったので動かしてみました。
するとまぁ、なんと40~60FPSほど出るじゃないですか。
解像度が低いというのもあるのかもしれませんが、設定はほぼ最高設定(例によって内部解像度だけは100のまま)でこれだけ出てくれるのなら普通に遊べるんじゃないかなと思います。
スターリットシーズンもついに携帯機化か……。感慨深いですね。

投稿者: ごましお

ごましおです。 静岡に住んでます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です