DMC-CM1

2017年12月05日(火曜日) 21:57

オークションで落札したもの、その4。

結構昔の機種ですが、本格的なデジタルカメラを内蔵したスマートフォンとして話題を呼んだ「DMC-CM1」です。

スマートフォンとしての性能はまずまず(Android 5.0.2)ですが……。

1.0型高感度MOSセンサーにライカDCレンズを搭載と、カメラとしての性能はなかなかのものです。

手持ちのRX100V5のセンサーが同じ1インチ搭載というレベルですからね。

撮影した画像はこんな感じ。

ゆがみもほぼ無く、色合いも綺麗。

日常持ち歩くカメラとしては必要十分な性能を兼ね備えていると思います。

 

(`・ω・´)さらにサイドに付いているスライドキーによるカメラ起動のスピードが半端ないです。

普通のコンデジでも撮影できるまでにどんなに早くても1秒以上かかりますが――。

これは電源が入った状態からのスタートと言うこともあり、スライド→即撮影OK。

パッと「あ、これ撮りたい」という場面に出くわしてもこれを手に持っていればすぐに対応できます。

 

出た当時10万円以上したので見送っていたんですが……。

傷が数箇所にあるものの、他はそこそこ綺麗な品が3万円台で出ていたので思わず買ってしまいました。

 

海外モデルなのでソフトバンク系列の電波がぴったりという事でSIMはY!mobileの通話SIMを挿しています。

これならプラスエリア化しなくてもそこそこ広い範囲で通信通話が可能ですからね。

バッテリー容量が若干少なめなのがネックではありますが……。

まぁ、バシバシ本格的に撮りまくるならコンデジを持って行きますしね。

先にも書きましたが、日常のスナップには丁度良いと思います。

日常の携行端末候補に加えたいところですね。

 

ちなみに後継機としてDMC-CM10というのもでているんですが、そちらは通話機能がスポイルされていたりするようで。

いわゆる廉価版的な存在なので今回は初代のこのモデルを購入しました。

 

カメラで通話……なかなか面白い光景かもしれません。



関連する記事
コメント
コメントする