WH-1000XM4の使い勝手

先日購入したソニーのワイヤレスヘッドホンWH-1000XM4ですが、早速マルチポイント機能を使って運用開始しております。
接続先は「リビング設置PC」と「XPERIA 1 II」です。
電源を入れると勝手に接続開始してくれて、自動で両方のデバイスに接続してくれます。

一つだけ難点となるのが、マルチポイント機能を使用するとLDACコーデックが使えないという点ですかね。
初めはLDAC接続ができるスマートフォン側で音楽を流そうかと思っていたんですが、説明書を見るとLDACはダメと書かれているので両者共にSBCコーデックでの接続となってしまいます。
ただまぁ、本体に搭載されているDSEE Ultimateという擬似ハイレゾへと押し上げてくれる機能がありますので、聴いている感じはそれほど悪くないかなーって思いますね。

一番気に入っているのはやはりノイズキャンセルでしょうか。
シリーズ屈指のノイキャン性能を誇る本機ですが、電源を入れたときのスッと周囲の環境音が消えるところが個人的にはお気に入りです。
割引を併用して4万円近くかかりましたが、とりあえず買って良かったかなというのが今の印象ですね。

ソニーの音は嫌いという人じゃなければおすすめできる一品かなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です