自宅サーバ機のWindows11対応

現在自宅サーバとして運用しているPCがあります。
Windows11アップグレード確認ツールで何故か「組織が管理しています」となっていたんですけど、回避策をネット検索したら「アカウント」の紐付けが「職場または学校~」に繋がっていたのが原因だとわかりまして。
Microsoft 365のビジネス向け契約をしているためそのアカウントが紐付けられちゃっていたみたいでした。
なので、そこを切り離してあげたらちゃんとチェックツールが機能するようになりました。

……が。

残念ながらこの表示となってしまいました。
まぁ、CPUがCore i3 7300Tで第7世代なので当然といえば当然か。
ただ、今はこの制限が若干緩みつつあるらしいので、サードパーティ製のチェックツールでも試してみました。

その結果がこちら。
CPUは何かクリアしちゃってますね。
TPMやセキュアブートの類も問題なし。
パーティションだけはサーバ機の都合上たくさんHDDを繋いでいるため、どこかが引っかかっているのかもしれません。
この分だと、もしかしたらインストール可能になるかもしれないですね。

駄目なら駄目で2025年までにリプレース先を探すしかなくなりますけど。
(`・ω・´) 制限が緩みつつあるのが本当であれば多分大丈夫……かな。

投稿者: ごましお

ごましおです。 静岡に住んでます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です