意外と動く

手持ちのいろんな環境でアイマスを動かしてみました。
内部解像度を100とし、その他設定はいずれも最大設定(レイトレースはOFF)としてあります。
計測はStage For You!を使用し、響一人で踊らせた状態です。
FPSの計測はSteam自体の表示機能を用いました。

PCのスペックは自己紹介参照ということで。
■自室PC:GeForce RTX 2080Ti : 4K設定
・60FPSは常時出せている感じ。
・それ以上はディスプレイが対応していないのでこれで十分かと。
■リビングPC:GeForece RTX 2070 Super : FullHD設定
・100~110FPSくらいは出ている模様
・リビングでアイマスをやることはほぼ無いですが、一応快適に動くみたい。
■モバイルPC:GeForece RTX 2060 Max-Q : FullHD設定
・70~80FPS程度。
・バッテリ駆動でこれなので、電源に接続しておけばもうちょっと実力が出せるかも。
■ごろ寝PC : RYZEN内蔵RADEON : HD設定(1366×768)
・40~50FPS。
・CPU内蔵グラフィックスでこれだけ出るのは驚き。
 ゲーミングPCじゃなくても遊べる感じですかね。
 解像度が何故かFullHDに出来ないけど、特にボヤける感じもないのでこれはこれで良いかも。

以上です。
他にも自宅サーバ機のGeForce GTX 1060辺りもありますが、インストールが面倒なのでそっちはやめておきました。
(上記のPC群は既にSteamがインストール済みだった)
とりあえずの感想としては、低スペックPCでもそれなりに遊べることが判明してちょっと驚いたという感じですかね。

(・ω・) ベンチマークソフトとか出してくれると良いんですけどね。
グラボ高騰の最中ですが、予算対比でワンランク下げても大丈夫と考えても良いとなれば嬉しい誤算かもしれません。

投稿者: ごましお

ごましおです。 静岡に住んでます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です