ステラ進捗(10回目)

2018年01月07日(日曜日) 17:37

(`・ω・´) 遂に13人全員を冬休み中にレジェンドアイドルへ昇華させる事に成功しました。

残っていた双海姉妹のステータスもこんな感じで。

こうしてみると、親愛度を3にしてクリアしようとすると、大体Lv.35付近になるようになっているんですね。

響ちゃんだけはアイテムでドーピングしまくっていたので40台超えてますけど。

他、37とかいっているのは亜美真美のサポート役として連れ歩いていたのが要因です。

 

これでメインシナリオは全て攻略したので進捗投稿はこれでおしまいとしておきますか。

一応後残っているのが

 ・詩花のサポート

 ・未攻略のライブ踏破

 ・全員のLvやステータス、親愛度上げ

といったところでしょうか。

この辺は細かい状況は特に投稿せず、達成時にさらりと触れる感じでやっていこうと思います。

これから仕事も始まってプレイ時間も限られてくるでしょうしね。

 

ちなみに響ちゃんと詩花のステータス状況はこんな感じです。

貯まったマニーでステータスアップアイテム等も駆使しつつ育てていきたいところです。

 

ホワイトボードに輝く13の星を胸に抱え、今後もプロデュースを続けていこうと思います。

DLCで楽曲とかも増えていくしね。

さて、それではまずは真美エンドから。

最初の希望では「せくちー」を全面に出したがっていた彼女でしたが……。

詩花を見かけたことで「ピュアさ」をアピールポイントにしたいと方針転換。

互いに弟子入りしたりされたりを繰り返しつつ、ステラステージを踏破してレジェンドに輝きました。

最終的には「せくちー」+「ピュア」=純愛アイドルとして活躍していくそうです。

真美自身の持つ力に詩花の力を取り入れた形になりますね。

 

こちらのシナリオは詩花との関わりも含めて良く出来ていたと思います。

 

 

一方の亜美エンド。

こっちは何というか……シナリオがおざなり過ぎませんかね。

何か適当というか。起承転結の起伏が無いというか。

無邪気さを目一杯出したRPGごっこで話が進んでいくんですが……。

詩花との関わりも取って付けたような感じだし、何か扱いが酷い気がします。

亜美ファンではない自分から見てももうちょっとやり方があっただろうにと思いましたね。

 

――ただ。

最後のまとめ方には笑わせてもらいました。

691プロのスタッフまで魅了してしまうという展開を持ってくるとは。

黒井社長も丸め込まれてましたし、多分亜美に敵う人は居ないのでは無いでしょうか。

 

突拍子も無い展開という視点で見れば一番なのかもしれません。



コメント
コメントする